FC2ブログ

己の内との闘い(64号)



おはようございますしりうすです

10km、走ってきました。


120536.jpg



去年より順位も落ちてるしタイムも落ちてるけど

『10km歩かずに走り切る』っていう目標は達したし体力的に大分余裕もあったので


前回より向上は望めたと思います。 記録は落ちてるけど自分の中では満足です


『残り2km』ってなってからちょっとペース上げたんだけど、もう1kmぐらいペース上げても行けそうだったし

自分でもあんなに去年に比べて余裕が残ってるなんて思わなかったのでびっくりです。


”どうすれば走れるようになるのか”とか”どうすればよりよくできるのか”とか


考えた結果、自分で”そう”してそれが結果に繋がった時の喜びは 他に困難を乗り越えた時のそれと一部の違いもありません。


足は棒みたいだけど、体力的に10km走り切ってまだ若干の余力があるのは喜ばしかったです。



一つ気に喰わなかったのは、参加した10kmのコースで残りわずかってところ走ってる時だったんですけど、


参加者か見に来てた人かそれはちょっとわからないけれど、『もう57分だぞここでぇ!』とか私を含め走ってる人に向かってなんかクソムカついた事ほざいてきたおっちゃんが居たんですよね


「だから何?おめーにそんな事言われる筋合いあんの?」 みたいな。


金もらってるマラソン選手で、おめーがその監督とかなら分かるけど どこの誰かもわからない人同士で
それぞれ皆事情があって走ってる。 で、制限時間あんのかないのか知らねーけど 30数分とかでも走り切る人がいる中
「時間がかかってもまだゴール出来てない」人がいるって事はそれだけその人はしんどい状況で走ってんだよ。


それを『急げオラ―』とか『まだこんなとこ走ってんのか!』みたいなニュアンスの事言われると俺の後ろで一生懸命走ってる人どうなの?


必死こいて一時間近く走って来て、やっともう少しで10km終わるってとこにわけのわかんねーおっちゃんにバカにされるような事言われると

そばで一生懸命走ってる人を見て来たこっちとしてはものすごく気分悪いし、言葉が聞き取れなくて一瞬止まったけど

後から思い起こしたら「はぁ?」てなって。  タイムにすればほんの1秒か2秒の出来事だったんだけど、そのおじさんが「今言ったセリフ」に気付いてから『はぁ!?』て言いそうになりました(笑)


多分マラソンするような恰好してたから参加者だと思うんですけど、3km走ったのか5km走ったのか10km走ったのか知んねーけど


おまえがどれだけ早く走れよーがどれだけ凄く走れよーが目の肥えたギャラリーだろうが知んねぇけど


『今 一生懸命頑張ってる人』 をバカにすんなよ。



おまえがバカにされたらイヤじゃねーのかよ。

マークスマンライフルで撃ち抜くぞじじいって思いました。


※「 まーくすまんらいふる?」→→参照:https://youtu.be/qKNlnAr39Kg



まぁマークスマンライフルで頭撃ち抜かれるジジイとかは関係ないんだけど、サッカーとかバスケットの応援とかで「サポーター」っているじゃないですか。


たまにTVで見るんだけど、応援してるチームの成績とか試合の内容が悪いと「boo」ってブーイングするのなんだろねアレ?


いや、応援してるんじゃないの(笑)?  的な。



自分達の意に沿わないってだけでそれを『怒り』という形に表して選手にぶつけようとするけど、

そもそも選手は自分達の生活の為に『職業』としてスポーツ選手をやってるプロであるだろうし、応援してくれるサポーターが力になってるのは事実だろうけど

「あなた達の為にやってる訳じゃないだろ」って思うから「否定」するのは違うと思う。

そもそも応援する立場で否定するってどんだけ一丁前のエゴなの?って思うけど(笑)


まぁー、

私はスポーツ観戦とか興味ないからサポーターになろうとも思わないし、日本のサッカーとかTVでやってても『自分の身内でもない人をなんで応援できんの?』って思う人だけど


そこはそもそも『その競技が好きor嫌い』とかでも分かれるとこだと思うから人によって差が出るってだけの要素だと思うけど


ただ、否定できる立場でも資格もないのに 自分に気に喰わない要素があるってだけで人を簡単に否定するやつの正直気が知れない。


そんな奴ばかり職場にいるから俺はホントにあんな職場で働いてる事が恥ずかしくなる。


好き/嫌い じゃなく 正しい/正しくない で物事を見ろよ。若い子も多いから目先の楽しい事ばかりに気が向くのはわかるけど、
やらなきゃいけない事をちゃんとやれよ。


やりたい/やりたくない じゃなくやらなきゃいけない事をやるのが仕事なんだから、社会人になったら年齢・性別関係ねーんだよ、やらなきゃいけない事キチンとやらなきゃ周りの人に迷惑かかんだから、まず自分の仕事をきちんとこなせるようになれよ。他人の仕事を否定するんじゃなく。


って、ほんと最近そう思う。 誇りの持てる仕事場でもなく、尊敬できる職場仲間もいない。


食ってくためだ、頑張らにゃ て思うけど 最近ホント発狂しそうな位ストレス溜まってて


ブラッドボーンのおばあさんに「鎮静剤」もらいたい位です。




ちなみに「龍泉洞」

201906201.jpg



「ドラゴンブルーの水が神秘に誘います」的な事書いてた気がするけど、


怖ぇよ。 子供の頃親に連れられて一回だけ来た記憶はあるけど、改めて大人になった今龍泉洞を訪れて感じた事は

『怖い』 ただその一つでした。


あ、コウモリ追っかけてた時はメッチャ楽しかったけどね。


ぐっ、くそっ! なかなか写真に納まんねーな!
とか言って20分ぐらいずっと上見上げたまんま携帯構えてウロウロしてました。


おかげで首痛かったです。 出て来た時の感想は『首痛い/まぶしい』でしたからね。


コウモリは写真に収められなかったですけど、


高い所が苦手なんですよねー、私。 高い所にいるような仕事をしてた時もあるんだけれど。


なにより水がコワイ。「無理!」って思いました、子供の頃プールで遊ぶのとかは好きだったんだけど


大人になって今認識するのは『海』がコワイって思います。 なんていうんだろうね、「海を見ると心が晴れる」とか「悩んでたものがすっ飛んでく」みたいに言う人いるけど


私は魂が飛んでいく気がする。「ヒィ(°Д°)」みたいな感じで心臓の辺りがスッ てなる感じがするし、
あの底の知れない広さ、波が常に形なく漂うあの雰囲気、


『恐怖』
龍泉洞に行く途中車を走らせてて、高い所から海を見た瞬間今まで疑問に思ってた感情の答えにその言葉を思い出しました。


逆に大人になってから気付いたものもあって、龍泉洞の周りとかにもすごいキレイな感じであったけど


20190620.jpg


『緑』

自然な沢とか獅子神サマいそうな森とか、あーゆーのがすごい好きなんだな~自分、って思いました。


実際龍泉洞の中にいる時より周りのマイナスイオン出てそうな緑うろついてる時の方楽しかったです。

写真も周りの風景の方多かったですし(笑)



子供の時行った事はあるけど大人になった今行くと感じるものは違うかな~と思って行ってみたけど、

『コウモリの発見に情熱を注ぐのは楽しいけど龍泉洞の水はムリ。コワイ。』 これが私の行ってみた感想でした(笑)



まぁー、久しぶりの遠出で息抜きになったのも事実ですし
また機会があったら気になるとこどっか行ってみたいと思ってます(-ω-)


それではまた

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しりうす

name:しりうす

マンガとゲームとスノボが趣味。

【YouTube】https://www.youtube.com/user/yamamotodotto
【twitter】https://mobile.twitter.com/serious7sirius


好きな色は「ベージュ」
座右の銘は『退かぬ!媚びぬ!省みぬ!』

新着記事
リンク
カテゴリ
遡る

2019年 08月 【1件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【3件】
2019年 05月 【5件】
2019年 04月 【1件】
2019年 03月 【5件】
2019年 02月 【2件】
2019年 01月 【5件】
2018年 12月 【4件】
2018年 11月 【4件】
2018年 10月 【3件】
2018年 09月 【3件】
2018年 08月 【4件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【5件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【3件】
2018年 03月 【6件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【7件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【6件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【7件】
2017年 05月 【6件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【7件】
2017年 02月 【7件】
2017年 01月 【12件】
2016年 12月 【13件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【9件】
2016年 09月 【8件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【9件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【3件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【6件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【5件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【5件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【7件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【6件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【7件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【4件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【8件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【14件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【20件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【9件】
2012年 08月 【11件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【7件】
2011年 09月 【7件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【7件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【8件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【14件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【16件】
2010年 07月 【10件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【12件】
2010年 04月 【17件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【13件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【2件】

ブログ内検索
カウンター