FC2ブログ

快晴。


はーっざーっす!

しりうすでっすミ☆(>ー・)!



どうした、いよいよ病気になったか?っていう挨拶から始まる今回のブログ、


外はとても天気が良い。気分も自然に浮足立つ幸せな気持ちという事で

そんな気分を表してみたのが アレ↑。 寒いとこから急に暖かくなってヤラれたとかではないので大丈夫。



そんなこんなで 『ドラクエ3』、始めの方だけちょこっと遊んでみた段階ですけど





既に敵が強い。


ザコ的に苦戦している段階、装備を揃えるお金もないしLv上げをしようにも油断するとすぐ人の名前赤くなったりするし


なかなか泣きたいです。  最初からこれだと先が思いやられる。。



ブロードキャストで遊ぶ事を目的としてますけど、裏でLv上げやら装備を整える為にお金稼ぎやら

一応放送で遊ぶ時にスムーズに進める為にこそこそ努力はしてくかもしれません。


もうそろそろ終わりそうなのは『ダークソウル3』。

DLC『輪の都』の進行もいよいよ終盤、ボス戦を2戦残してやる事はもうない感じかな?


”深淵の監視者”をはじめ、”ロスリック・ローリアン双王子”や”ヨーム・ザ・ジャイアント”、”フリーデ”や”墓守の大狼”など


「音楽が聞きたい」と思い立ちただ久しぶりに遊ぶ人がタラタラ始めたダークソウル3、

残り火が陰る私の頭に 久しぶりに火を灯した遊びになりました(^ω^)


やっぱりイイね~、深淵の監視者 燃える。 アレは


”ゲール”と”ミディール”も、残す2戦のボスですけど音楽も好きだしどちらも好きなボスなので

ダークソウル3は次回がおそらくラスト、楽しんで闘いたいと思います(-ω-)



話は180度変わって、   2、3日前にニュースで見たんだけど、


ある程度高齢の夫婦が、子供を授かって でもご夫婦の奥さんの方が「てんかん」を持病で患ってて
子供が障害を持って生まれて来るだろうとの事。



軽い障害とかではなく奇形で生まれてくる可能性も高いとの事で、結果的にご夫婦は出産を諦めて『中絶』したというニュース。




「てんかん」の程度にもよるけど服用してる薬やお母さんとなる人の健康状態にも大きく左右されるので、

産みたかった命を絶たねばならないという苦渋の決断は当人であるご夫婦以外には解り得ない辛さだったのだろうと読んでて思いましたね~。



こんな晴れの日に気持ちいいと思う、いい両親に恵まれて五体満足で生まれた自分は


『不自由』が日常にある辛さや過酷さはわからない。それがどれだけ幸せな事か。っていうのを
こーいうのを見ると考えてしまいますね~。


良い事なんですけどね。それが出来る年齢になったな~。とか、それが出来る頭の考え方になったな~って、



自分がケガしたり軽い風邪とかでいつもの「当たり前の状態」じゃなくなると、「人に助けてほしい」「力になってくれたらどんなに嬉しいか」っていうのは思うけど


自分がそれを相手に出来る時はしてあげたい。って思う。


それをしなくちゃ。って思うのは良い事だと思う。



他人から見て良い悪いとか、世間的に『善悪』とかは知らないけれど

俺は俺の『正しい』事に忠実でありたい。それが私の『正義』な気がする。



「炸裂弾」とか言って弾チャージして犯罪者のクソヤロウにぶっ放すのも悪くないって思うけどね。


まぁ人の『選択』や『何かの想い』から学んでインスパイアを受けるのは自分ではとても良い事な気がします(-ω-)



昨今のメディアはクソみたいなニュースしか取り上げないって口癖のように書いてますけど、


声にならない声に耐えてる人とか、世界の貧困とか そーいうのを取り上げた方『メディア』の在り方として有益だと思うんですけどね~。


芸能人の不倫とか政治家の不祥事とか そんなクソくだらない事どーでもいいんですよ。

そんなクソくだらない事で3日も4日もニュース使うな。ってテレビ見てていっつも思います。



それにしても「ジャッジ・ドレッド」、久々に見たいな~。


S・スタローン主演の映画なんですけどね、大分昔の映画なんですけど

かっこ良くてすごい好きです。


犯罪者に銃ぶっ放して 『これにて閉廷。』 って俺も言いたい。



それではまた(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しりうす

name:しりうす

マンガとゲームとスノボが趣味。
夏を滅ぼしたくて冬が好き。

中身のない人ですがよろしくお願いします。

ゲームは適当に楽しんでます。
マンガは多分じじいになっても読んでます。
スノボは体が動く限り多分ライドオンします

新着記事
コメント
リンク
カテゴリ
月毎の扉

2018年 11月 【2件】
2018年 10月 【3件】
2018年 09月 【3件】
2018年 08月 【4件】
2018年 07月 【4件】
2018年 06月 【5件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【3件】
2018年 03月 【6件】
2018年 02月 【4件】
2018年 01月 【7件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【3件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【6件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【7件】
2017年 05月 【6件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【7件】
2017年 02月 【7件】
2017年 01月 【12件】
2016年 12月 【13件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【9件】
2016年 09月 【8件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【9件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【3件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【6件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【5件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【5件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【7件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【6件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【7件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【4件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【8件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【14件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【20件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【9件】
2012年 08月 【11件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【7件】
2011年 09月 【7件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【7件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【8件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【14件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【16件】
2010年 07月 【10件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【12件】
2010年 04月 【17件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【13件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【2件】

記事検索
カウンター