I'll be back.



190454.jpg

美味しそうでしょ。

私の晩ご飯。


おはようございますシリウスです。

肉が安かったので、「しょうが焼きでも作ろう」と思って肉買ってきて、

しょうが焼き作ってました。

吐くかと思った。

美味すぎて。


目ん玉飛び出るかと思ったよね。

う!!うぅぅぅ・・うーまーぃーぞーー!!( ゚Д゚)

とか言って


目玉飛び出るかと思った、冗談なしに。 飛び出たらそれはそれで大問題だけどね

付け合わせのブロッコリーとミニトマトは 弁当用に冷蔵庫にあった物を添えただけ

「生姜焼きひとつ~」 つって 店に入って一口食ってすぐ 「うーまーぃーぞー( ゚Д゚)!」つって目ん玉飛び出たらびっくりだけどね。
本人も生姜焼きどころじゃないけど店主もビックリだよ


まぁ火通しすぎて肉パサパサにしちゃったのがちょっと勿体ない点だったけど、
味は本当目ん玉飛び出る位美味かったです。


darksoulsss05.png

ダークソウル3、気になる事そこら辺うろちょろしながら調べてたんだけど、
「どこ行ったんだ?シラさん会えなくなっちゃったぞ」と思ってたら 敵対NPCとして最後のMAPに登場しました。
いきなり話しかけてくるから最初びっくりしたよね。

戦闘動画置いときます。

youtube フィリアノールの騎士、シラ→→https://youtu.be/i1aCMQ_j0po

ミディールといいシラといい見つけてみればあっさりした所にいたけど
戦闘より時間使ったんじゃないか、て位捜しましたね居場所。

どこ?もはやどこ?これ( ゚Д゚)  みたいな。

倒すのと同じ位探すの苦労したんじゃない?て位苦労しました(笑)


これで気になる事もなくなってスッキリしたし、ダークソウル3は終了ですかねー。
不完全燃焼感はスゴイですけどね。 このままやっててもスッキリする手段はない、と思うので、潔くやめようと思ひます(・ω・)


DLC2弾をもってダークソウル3は「完全終了」という形らしいですが、
トロフィーコンプに向けて頑張る、とかはしないけども、面白かったですダークソウル3。

来年とかに「ふとやりたいな~(・ω・)」と思ってまたやる、とかもあるかもしれません。
フロムさん、面白いソフトをありがとう。


そーいえば、タイトルの「あいるびーばっく」。

ターミネーター2のシュワちゃんが言ったセリフで有名ですけども、
シュワちゃんは全然関係なくて、映画「ターミネーター」のテーマに近い事を考えててこんな事書こう、みたいな事風呂入ってる時考えてたんですけど、

物はどんどんコンパクトに。 ”あれば便利”で技術や生活はどんどん快適に。

機械はより精巧な技術で作られ医療技術の進歩や知識・情報の拡大・反映により人の命はより長く。
比例して”己の力で生きる”という人一人の力はより弱くなってるんじゃないかな~って。

”サバイバル能力”を持つ持たないは個人差があるけども、利便性に頼り”身”に頼るという事を知らない。
”身体を使う”という事をせず、目で見て耳で聴く、体験を知恵として吸収して”自然”を体感する。

”生命としての強さ”とでも言うんですかね。今の人間の命には『尊厳』がない気がします。 
人間が人間以外の生き物の命に『尊厳』を持たないから自分たちがどうなっても仕方ない、とも言えるかもしれないですけどね。

前にも書いたけど、『人間は技術は進歩してるけど生物としては退化してる』これが私の考えです。
命として強さを問われた時、”何もできない”って思います。


今まで生まれた物はもう生まれた物だから、無駄になる物なんてない、って頭では思ってるんですけども
なくても困らないモノは増えるけども、あるべきもの大事にしなきゃいけない物は失われていく。”欠く”というより”忘れる”の表現の方正しいんでしょうけども、

表面ばかりを気にする世の中、希薄を憂いています


ターミネーターは機械が支配する世界、だっけね?人が開発した物で滅んで人の為に生み出した物に支配される、

AIが実用化された、と喜んでるけども、機械が「最善か打ち込まれたプログラムか」しか実行しないなら
AIが進歩する程にターミネーターの世界は近づいてる気がするんですけどね(笑)

人間には感情や記憶があって生命としての尊さもあるけど、
イイか悪いかしか判断しないなら機械にとって人間はイイはずがない(笑)機械を人間の疑似的な物にしよう、とする事自体間違ってると思うんですけどね。


”頼る”事と当てにする事は違う。
人のせい物のせい、”己の力で乗り越える”ていう努力をする事が何よりまず大事だと思います。

物は溢れて情報は「流通」というより「錯綜」してる。
面倒くさいんですよね(´Д`)  だから「今の時代は嫌いです」って冗談混じりに書いてるのは諦めるしかないけど私の本心です(笑)

”過ぎたもの”はいい事がない、何事も”ちょーどいい”がちょーどいいんです。


全然関係ないけど、学校や教師に対して子供本人じゃなく親がうるさいってのもどうかと思うって前も書きましたけども、
普通にニュースで取り上げられるようになった今だって、恥ずかしいと思うよ? おじさんおばさんの見た目・年齢なのに精神年齢は子供なんだから。

子供の自立性を促すってのはもちろんあるけど、先生に”授業してあげて下さい”てお願いする立場なんだよね。
大人も子供に恥ずかしくない大人になろうよ。 子供に気ぃ遣って教師ってどーやんだ、って話だし、

大人が恥ずかしい姿晒してたら子供は誰から”大人”を学ぶんだ。
大人も子供もみっともない、ってんならわかるけど、 今時”子供よりみっともない”大人もいるから「どうなの(´Д`)?」て思います。

やれやれだぜ。


私? 私はもちろん 誇れる大人 ですよ。

ポポ嘘つかない。


我が剣の威は『誇り』にこそあります。

ちょっと記事探すと 世界ランクのクソ野郎 とか書いてると思いますけどね。

ダークソウル3で「不死の闘技」だかやってみたいな~と思ったんだけども、(プレイヤー対戦)

『オンラインでないと出来ません』言われた。


その為だけにPS Plusの2日無料に加入するのもイヤだし、
しょーがないからやめときました。

それではまた

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シリウス

このブログを書く者

マンガ、ゲームが好きな
男子です。

新着記事
コメント
リンク
カテゴリ
月毎の扉

2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【7件】
2017年 02月 【7件】
2017年 01月 【12件】
2016年 12月 【13件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【9件】
2016年 09月 【8件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【9件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【3件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【6件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【5件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【5件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【7件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【6件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【7件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【4件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【8件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【14件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【20件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【9件】
2012年 08月 【11件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【7件】
2011年 09月 【7件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【7件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【8件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【14件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【16件】
2010年 07月 【10件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【12件】
2010年 04月 【17件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【13件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【2件】

記事検索
カウンター