羊の考え方(30号)



こんばんは、しょうゆです。

今回書く記事は特にテーマも何もなく、愚痴や普段風呂入って頭シャカシャカ洗ってふんふん言いながら考えてる事や
まぁそんなこんなな色々。考えるの面倒くさくなったのでそんなこんなでまとめましたけど、決まりのない殴り書きみたいな事を書いていこうと思ひます。

「結婚って忍耐」ってちょくちょく聞きますけど、そうは思わないんですよね~。
いい事より悪い事の方多いかもしれないし、最初はよくても後から煩わしくなるって事を「アルアル」的に言ってるんだと思いますけど、

う~ん、結婚した事がない名前が調味料のやつがこんな事言うのもなんなんですけど、
「そう思える相手がいる事が結婚の一番のメリットで他で得られないもの」だと思うんですよね。

いいものは慣れれば当たり前になるけども、それが"当たり前じゃない"時の事を思い出せばそれがどれだけ有り難いかよくわかるんじゃないかな~ともろみ醤油は「結婚って忍耐」って聞いて思ったわけなんです。

もろみ醤油だったの!?って思うかもしれませんが、もろみ醤油って「もろみ」「醤油」で「もろみ醤油」っていうしょうゆの種類ではないらしいです。
急に始めたけどしょうゆの解説はいいよ、って突っ込まれるかもしれないので、本編に戻ります。

世も末な現代の世の中では、離婚する夫婦もすごく多い印象を持ってるし若者も「結婚しなくていい」とか「結婚したくない」とか言ってる人が多いというじゃないですか。
すごく悲しい事だと思うんですよね。人生ってのは一人じゃ絶対つまんないと思いますし、「彼氏」や「彼女」、「奥さん」や「旦那さん」っていうのは他のどんな存在でも置き換えられないものだと思うんです。

旦那や奥さんに愚痴言っても叱られるからあんま愚痴言いたくないーとか結婚して長い男の人や女の人は言うかもしれませんが、
叱ってくれる人の方大事だと思うんです。仕事でも、自分が下の立場で働くんなら「叱られなくなったらオシマイ=呆れられて指導をしてくれなくなったらオシマイ」ですからね。

いい事を言うのは簡単です、相手を褒めたりいい事を言うのは嘘でも出来る。本当にいい事を言う時は恥ずかしくて言いづらいとか素直になかなか口にできないとかは置いといて、

でも相手にとって嫌な事を言うのは本当の事を言わなきゃいけないからものすごくツライ。自分の価値観を押し付けたり、頭ごなしに怒鳴るとか理不尽に怒ってくるとかいうのは違うけど、
自分の為に厳しい事を言ってくれる相手ほど 都合がイイだけの人間より大事にするべき関係だと思ひます。

まとめると「結婚ってそう悪いもんじゃない」って思うんですよね~。
「結婚は忍耐の時間の方が多い」かもしれないけれど、「結婚で得られるイイ時間」っていうのは他には変えられないものが必ずあると思うんです。
結婚ってした方がイイと思いますよ(・ω・)そして離婚はなるべくなら限界までしないべきだと思います。

次は愚痴。
愚痴は言っても解決する訳じゃないし、ブログに書いたって見てる人は地味にイヤな気分になるし書いてる自分は液晶の画面に想いをつづるだけだから淋しいだけだけども、
今の職場にとてもムカつく人がいるんです。言っても解決しないんだけど、書かずにはいられないからすみませんが書かせて下さい。

人の好意を当たり前だと思う人間、人の好意の上にあぐらをかいて平気なツラして笑いながら仕事してる人間、
人間「自分が一番大事」なのは当たり前だと思うけども、人に迷惑をかけてもなんとも思わない人間ってのは本当に見てると一発ぶん殴っても気が済まない位キモチワルイんですよね。

例えば上司に注意をされたとしても、意見を聞いて自分の意見を言うのではなく、「注意をされた事がおもしろくない」から口答えをする、という小学生以下の態度。
自分の母親と同じ位の歳で「子供いんのに恥ずかしくないのかコイツ」ていうような態度を平気でとるから本当にビックリします。

「自分さえよければいい」と思ってる人間は自分の非を認めるという事を知らないから「反省する」という事をしないんですよねまず。
注意を受けたら普通の人なら"注意を受けるっていう事は理由があるんだから直そう"と、例えどんなに腹が立ったとしてもその場は「はい」と返事して同じ注意を受けないようにするのが本来取るべき対応だと思いますが、

注意をされた自分の事は棚に上げて「誰かのせいや何かのせい、相手のせいにする」。
「人を悪者にして自分を甘やかさないと自分を保てない」んだから、非を認める事ができない人間というのは最終的に誰にも構ってもらえなくなるので可哀想だと思います。

人の悪い部分というのは「本人が変わる意思がない限り変わらない」と基本的には思ってますが、
「反省」することをしないから同じ間違いを何度でもする。「自分さえよければいい」から周りに迷惑をかけてもなんとも思わない。

非常識もいいとこですが、「自分さえよければいい」という脳ミソ空っぽな奴は本当に困ったもんです。
私は「世界に名だたるクソヤロウ」の肩書きを持ってますが、人に迷惑をかけて笑えてないのに本人は笑って平気な顔してる、そういうクソヤロウはぶん殴りたい位許せないです。

笑えるイタズラは好きだけど笑えないイタズラはしない、
アホな人は好きだけど、笑えないバカや本当のクソヤロウは嫌い、てとこですね。

今の職場のおかげで3度くらい鬱になりかけた自覚があるっていうか今も絶好調精神は蝕(むしば)まれてるんですが、
ブラック企業って入ってから気付くけど本当疲れます。まともな人は精神蝕まれるし、会社もクソだけど人材もレベルの低さがもはや笑えないです。
私の上司がクソなので私がしっかりしないといけないんですけど、鉄の身体と鋼の心を持つ私もさすがに「鬱になるかも」って自覚できる位ヤバくなったり強敵(とも)にLINEしたりする事になるなんて思ってませんでした(笑)

「早くダーマ神殿(=転職)行った方がいいよ」って強敵に言われて、

「ドラゴンのさとり取ってないからまだ行けない」って言ったら

「エンディングで世界最強の剣士がいたとこ行けばはぐれメタルのさとりが取れるよ」って言われました。


よく覚えてんな(笑) とか思って笑ってました。


ブラック企業のみならず、学校やまともな企業でも一人は絶対ムカつく奴がいると思いますが、
精神の保ち方とか安定の息抜きとかってのは一つは必ず持っておいた方がイイと思います。

本当にヤバイ時ってのは自分が闘わないと乗り越えるキッカケにはならないんだし、助けてくれる相手がいるに越した事はないけど人に頼りすぎれば今度依存みたいになって相手に負担かけるか、それを気にして自分の負担を増やす事になっちゃいますからね。

人に頼るんだったら自分も自分の弱さと向き合う強さを持たなきゃダメ、てことでしょうね(-ω-)
私のブラック企業の場合は肉体より心をやられる職場なので、自分が常識だと思ってた事を考えてると頭オカシくなりそうになります(笑)
まぁブラック企業って身体をやられる心をやられる以前に存在がそもそも許しちゃいけない非常識な物だと思うんですけどね。
言葉として定着してしまう位、ブラックじゃない企業を探す方が難しいような本当世も末な世の中だと思います(笑)

そーいえば、私はよく「やさしい」と言われます。
自分でやさしくしようと思って意識した態度をとってるとかじゃないし、言われても「はぁ」ぐらいのリアクションしか取れないのだが、

以前にも「自分でスゴイ」って思わなきゃ「人にスゴイって言われてもスゴイとは思わない」と書きましたが、
人に「優しい」って言われても自分で「優しい」って思った事ないから言われても反応に困るんですよね。

優しくて悪い事はないんでしょうけどねー。 「優しいだけじゃダメ」みたいな事言ってくるクソみたいな女は知ったこっちゃないけど、
「甘さ」と「優しさ」は履き違えないようにしたいですねー。「己を責めて他人を責むるな」という家康だか秀吉だかの過去の偉人の言葉があるけど、
人に言う事って大体自分に当てはまる事ですからね。人に言う前にまず自分がしっかりしなよって事で、口で言うからには体で示せる人間の方がいいし、年をとれば偉いって訳でもないですからね。

年も役職も性別も生まれも人間を決める物ではないし、人より「偉い」人なんてこの世にはいないと思います。
一生は一度しかないからこそ「今」も「未来」も含めて全ての瞬間が人生ですし、強いて言うなら他人の為に自分を犠牲にできる人が『本当は偉い』人だと思います。

しょうゆが優しいって話ですけど、
「自分て優しいのかな」て思った事はあるけど、「自分て優しいんだな」って思った事はないので、
人にどう思われようがどうでもいいって話です。自分の在りようは自分で決めるので、

「人にどう思われるか」とか「周りにどう思われる」とか気にしてたらやりたい事も言いたい事も言えないのでもったいないって思います(-ω-)

外はいくらでも飾れるけど、
中は自分でしか変えられない。
私はそういう考え方をするので、面倒でもどんなに死にそうな思いしても自分の信念は曲げずに私のままでいようと思います。

ソースでもマヨネーズでもない、日本が誇るしょうゆはナンバーワン調味料だと私は思いますからね。
しょうゆって本当すごいと思います。

久しぶりに真面目な記事書いたらキャベツ太郎が食いたい。

それではまた

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シリウス

このブログを書く者

マンガ、ゲームが好き、
冬はボードを嗜みます

美味い物とラーメンが好き、
ドラゴンボールがあったら夏を滅したい。

犬が好き、家事Lv8位。ニュータイプLv多分9。

新着記事
コメント
リンク
カテゴリ
月毎の扉

2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【6件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【7件】
2017年 05月 【6件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【7件】
2017年 02月 【7件】
2017年 01月 【12件】
2016年 12月 【13件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【9件】
2016年 09月 【8件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【9件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【3件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【6件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【5件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【5件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【7件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【6件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【7件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【4件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【8件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【14件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【20件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【9件】
2012年 08月 【11件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【7件】
2011年 09月 【7件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【7件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【8件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【14件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【16件】
2010年 07月 【10件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【12件】
2010年 04月 【17件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【13件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【2件】

記事検索
カウンター