不退転(22号)


わんばんこ。

季節は春になり、暖かかったり寒かったり気温の変化がぽろぽろ見られるようになって、
2月末~先月までの目と鼻もぎ取りたい祭りである花粉症、少し寒めになってるからか随分沈静化してて助かってますが、

私の花粉はど~もスギではなさそうなんですよね。
春の始めと不定期、そして何故か7・8月と夏に2月の症状と同じ位のしんどさにやられる毎年、

花粉症になって5年か6年経ちますが、神龍になんかお願いできるなら「花粉を出す全ての花を消してくれ」か「夏を消してくれ」と頼みます。
ギャルのパンティは要らない。

花粉症で苦しむ人にとって、誰もが後光が差して感じる位の強い味方・高いティッシュ、すごい高いけど鼻は痛くならないし優しいそのもののティッシュ。
「ふわり」とか、そんな名前でしたね確か。お高いおティッシュ、毎年花粉症の時期の一回だけ、どーしても鼻がヒリヒリする時に出す切り札ですけど、あれ毎年使う度にびっくりします。
「こ、これは・・ティッシュ? 絹の間違いじゃない・・のか・・(゜д゜)」みたいな。

高い物は=(イコール)で比例する価値がある、とはなんでも当てはまるとは思ってませんが、
あのお高いティッシュはお高いけどお素晴らしいです。
鼻がお痛くて仕方ない人はお試してみるとおイイと思います。

このブログで節々に書いてるかもしれませんが、
私はマンガが大好き。

発掘してたら20種類↑集めてる段階になってるので、そろそろ我慢しよう。と今は発掘をやめてるので最近大人しいんですけど、
音楽やらなんやらで賞があるように、マンガにも賞があって、「マンガ大賞」というのがあるんですね。

賞を受賞した、とかネットやクチコミで話題、とか そーゆーの全く気にしないというよりむしろ意図的に門前払いする人が私なんですが、
「かくかくしかじか」というマンガがあるんですね。マンガ大賞2015(?)の「1位」に輝いたマンガで、賞を取ったとかで騒がれてるようなそんなマンガ俺は見ないぞ、とか思ってたんですが、

賞を取るからにはそういう価値がある。のが言うまでもない裏づけで、こんな面倒くさいポリシー↑持つ事がそもそもなんか意味あるの?とか言われたら 「(・ω・)」←こんな顔して多分何も喋らないんですけど、

実際に過去マンガ大賞を受賞した作品は、ほぼ外れがない位の勢いで面白いんですよね。
私が集めてる作品が2位とか4位とかに入ってたり、強敵が集めてたマンガが2014のマンガ大賞1位になってたり、

人が面白いと言ったって自分が「好き」かどうかはもちろんわからないですし、人それぞれ好き嫌いはあるので「マンガ大賞を取ってるからといって間違いはない」という事はないと思うんですけど、

どうあれ"マンガ大賞にノミネートされてる作品は大体間違いない"というのは言えると思います。
で、御託はどーでもいいとして「かくかくしかじか」、気になったので読んでみたんですが、

超面白かったです。

今までの御託なんだったの?て言われたら (・ω・)←こんな顔して多分気付かれないように立ち去るんですけど、
超面白かったです、以外に書く必要のある感想もない気がします。「マンガ大賞2015伊達じゃねぇ」とか正直思いました(´ー`)笑

キャラじゃないとキモチワルがられそうですが、全5巻全部読んで最後は泣きました。
「血も涙もない男」とかリアルでちょいちょい言われた事ありますが、そんな私もまさか泣くなんて夢にも思ってませんでしたね。

このブログでも過去に確か2回紹介した、びんちょうタン(全4巻)という漫画が過去何作読んだか分からない漫画歴で唯一"マンガを読んで泣いた"経験があったんですが、
ここに来て涙を流して本当に泣いた作品として「かくかくしかじか」2つめのマンガが殿堂入りしました。

紹介した記事でもうるさく書いてたと思いますが、『びんちょうタン』は本当におすすめですよ!
今は一冊50円するかどうかの、売ってたらそれ位の値段で買えると思いますが、全4巻と短いし中古本屋で見つけるのが大変な位のあるかどうかもわからない位置づけにある作品だと思いますが、

あれは一冊500円でも内容を知ってる今の私なら新品でも喜んで買います。
『びんちょうタン』は面白いマンガなのはもちろんですけど、分類がちょっと私の中で違うんですよねもはや(笑)

まぁー話が大分逸れて「びんちょうタン面白いよ!」みたいな記事になってますが、本題に戻って「かくかしかじか・全5巻 読んだら超面白かった」みたいな記事を書きたかったのでこの記事は「かくかくしかじか」をお勧めしてる記事という認識でお願いします。
1巻→面白かったので2・3巻→間を空けて4・5巻、と。
間を空けてって言っても1巻読み始めたのが「最終巻である5巻(2015年3月25日?だか発売)発売してから」だったので、そんなに時間経たない間に1~5巻まで読んだ形になるんですかね。

どっかに書いたかもしれませんが、私アホみたいに漫画を買うけど「全てジャケ買いに等しい」買い方なのですよね。
「かくかくしかじか」は手に取った時「面白そう」と思ったので、アホみたいな私が↑(マンガ大賞買ってみるか)と買ってみて。読んでみたら真に受けて面白かった。とアホは大体損する、という実験結果が出ましたね。

1巻のページめくった時、少女マンガっぽい感じだったので「くそマンガ好きだけど少女マンガは読まない」というこれもまたあまり訳のわからないポリシーを持ってるので、(外れたかもしれないけど1巻だけひとまず読んでみるか)という失礼な頭で読み始めたんですが、
読んでみたら面白かったです。それが一番書かなきゃならない事でそれだけ書いとけばいいような感想なので、ともあれ『私は非常に面白かったです』

過去にもちらちら同じような事か似たような事書いたかもしれませんが、大事なのは「人がどう見るか」じゃなく「自分がどう在るか」。
「人が笑っても」自分が笑わなければ胸を張ってそれをやるべきですし、「自分が笑っても」人が悲しむなら自分が直さなければならない。

「すごい」と言われる作品が、「10人中8人以上にすごいと言われる必要はない。」
「すごい」と言われる人が、「10人中8人以上に好きと言われる必要はない」

間違わない事なんてない、だったら間違った事を一つずつ直して進んでるか進んでないかわからない位でも進むように頑張った方がいい。
「自己満足」は人に誇れるようなものじゃないかもしれないけれど、嘘をついて生きていくよりはずっとイイ気がします。

昨今の人達は若者が特にそうですけど、「人を気にしすぎ」なんですよね。
「人の評価」が「=自分」ではない。人に迷惑をかけるのはよくないけど、「自分勝手」で何が悪い。
「自分の在り方に他人を言い訳にするなよ。」

言う事思う事は簡単でも、形にするのは難しいけども、
「ただ思う」だけでもすごく大事な事だと思います。「何かしようとしなければ」何も始まる事はないんですからね(-ω-)

怖がるヒマがいっちょまえにある位なら、それを原動力に変えろ、という事ですよね^皿^

マンガが読みたい、やりたいゲームをやる為に、見たい映画が見たい、
どれだけくたばりそうになっても、例え原動力はしょーもなくても私は自分の正直の為に不屈の精神で頑張ります(笑)

私の遊び心は私からすればくだらない物なんかに決して折らせない(笑)

それではまた

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しりうす

名:しりうす だったり たいへ~ だったり

MHは『GuiLe28』

マンガ、ゲームが好き、
冬はスノーボードなどやります。

家事Lv8位、ニュータイプLv多分9
犬が大好き。

新着記事
コメント
リンク
カテゴリ
月毎の扉

2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【6件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【7件】
2017年 05月 【6件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【7件】
2017年 02月 【7件】
2017年 01月 【12件】
2016年 12月 【13件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【9件】
2016年 09月 【8件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【9件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【3件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【6件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【5件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【5件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【7件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【6件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【7件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【4件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【8件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【14件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【20件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【9件】
2012年 08月 【11件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【7件】
2011年 09月 【7件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【7件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【8件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【14件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【16件】
2010年 07月 【10件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【12件】
2010年 04月 【17件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【13件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【2件】

記事検索
カウンター