亡者といえど獅子。


おはようございます、ヤマモト.です。

3/14に発売した「ダークソウル2」。
手を付けてから83時間20分だかで、無事クリアしました。

DKS2-04.jpg

まぁ面白かったですね~。
最後まで飽きる事なく、"面白い"の感想のまま突き進んで

相も変わらずの目の疲れっぷりと、"心が折れる"がよく使われる難易度そのままでしたが
「面白いな~」と思ったままクリアまでいった、それが私の中での今作に対する感想です。

だーくふぁんたじー?的な作品で、バイオとは一種違った怖さみたいなのもありますが
緊迫感というか気を抜けない。気を抜けばすぐ"YOU DIED"とか出るので、ポテチ食いながらゲームやろうとする人は多分すぐ死にます。

アクションゲームにしろRPGにしろ、よく「ボスで詰む」という状況は経験するかと思いますが
ダークソウル2はどうなんでしょうか。人によって違うと思いますが

ボスは1、2回死ねば大抵勝てたんだけど、どっちかって言ったらボスに行くまでの道中で死ぬ事の方多かったです。
私の場合は

ボスやら敵やらはなんせ「だーくふぁんたじー」なので、グラフィックがキモチワルイです。基本的に
光属性闇属性に二分したら、目にする8割が闇属性みたいなゲームなので 苦手な人は精神的によろしくないかもしれません。

アイテム探したりしながら、ボス倒してれば進みます。
基本的にはそんなんです。
 
オンラインモードでやると、見知らぬ誰かに冒険を手伝ってもらったり
ここで○を押せば隠し扉が見つかります、みたいなとこで「幻の壁」とかメッセージがあったり、「この先敵待ち伏せ」みたいなメッセージがあったり

メリット6割デメリット4割、みたいな感じですかね。
デメリット4割は、「侵入」=他プレイヤーが自分の冒険世界に入って来て殺しに向かってくる、というのがあるので、
自分はそんなつもりはないで冒険してても、お構いなしに殺されたりするのが結構面倒くさいです。
まぁ説明書をちゃんと読めば防ぐ手立ても書いてあるので、実質4割もないのですけどね。

ちょこちょこ「夢みたい・・・」とか書いてあって、これ流行ろうとしてんのかな、とか思っていたずらに使ったり
原則私はサインには触れないしメッセージもあんまり読まないんですけど、隠し扉には実際助けられたり

一回だけ見知らぬ方に手伝って頂いた時も、
間違って召喚した上にボス戦でもなんでもないただの進める道中をものすごい頼りになるお手伝いをして頂きましたし
まぁ死んだんですけど

この前も書きましたが、"オンラインであって得はあっても損はない"と思うので
特にこだわりがなければ、オンラインでやった方が私は色々助かると思います。

間違って召喚してその上ボスに着く前に死んだ私にたいして土下座してくれてましたしね。
チャットは出来ないのでボイスチャットしか出来ないんですが、"ジェスチャー"という意思表示で交流もできます(-ω-)
土下座→ちゃんとサポートできなくて申し訳ない、みたいな意思表示だったと思うんですが、ジェスチャーの中からすぐ土下座してくれた事に笑いました(笑)

オフラインモードは、文字通りオフライン。
"ヒント=メッセージ"は読めない代わりに、知ろうとしても知れないので「そのまま」を楽しめます。
ボス戦にはNPCを召喚する事も出来るので、必ずしも手助けが得られない、という訳でもないと思います(-ω-)

私は前作をオフラインでやってクリアしたので、今回は「オンライン」でやってみよう、という感じでしたね。

DKS2-05.jpg

思わずほわぁ~(゜д゜)ってなるような景色があったり
話してるとブッタ斬ってやりたくなるような人もいたりしますが

「ダークソウル2」は本当に面白かったです。
なんだかんだで面白かったけど、文句も反面多かった「ダークソウル」は人によるかと思いますが

「ダークソウル2」は興味があるという方なら是非やってみて頂きたいです。
目は疲れるし首もこるけど、本当に面白いです。

で、基本二週目とかやらない人、とか書いておいて
現在二週目を開始しています。そのままやれる位には面白かったですし、私の中でやってみたいと思った事があったので

亡者になっても挑む精神は消えず。
かがり火で温まる羊です。

それではまた

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しりうす

名:しりうす だったり たいへ~ だったり

MHは『GuiLe28』

マンガ、ゲームが好き、
冬はスノーボードなどやります。

家事Lv8位、ニュータイプLv多分9
犬が大好き。

新着記事
コメント
リンク
カテゴリ
月毎の扉

2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【6件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【7件】
2017年 05月 【6件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【7件】
2017年 02月 【7件】
2017年 01月 【12件】
2016年 12月 【13件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【9件】
2016年 09月 【8件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【9件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【3件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【6件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【5件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【5件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【7件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【6件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【7件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【4件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【8件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【14件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【20件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【9件】
2012年 08月 【11件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【7件】
2011年 09月 【7件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【7件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【8件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【14件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【16件】
2010年 07月 【10件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【12件】
2010年 04月 【17件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【13件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【2件】

記事検索
カウンター