しびれくらげの冒険。


おはようございますたいへ~です。

「本気」と書いてマジとある。

普段のほほんとしてるが、追い込まれて人は本気を出すという。


フフ…まさかこんな時に本気を出す事になるとはな…

俺の真の姿、見せてやるぜ!!

m1.jpg

あごめんなさいこれウソ。


もはやネタとしてしか使ってない デスタムーアさまじゃ!とかは置いといて、
飽きもせずアストルティアの車窓から。

DQ10-155.jpg

4月1日から始まった『妖精の国』でのイベント、お花見ツアー。
お花見ツアーと言っていいのかどうか知らないが、妖精の国に行って花を咲かせてこいということなので

まぁよしとしよう。


やる事はといえば、「妖精の国」に行ってボスを倒してこい、ということなんですが
上の画像を見て頂ければ分かる通り、スライム系の姿になってしまう。

スライム・しびれくらげ・スライムナイト・ホイミスライム・スライムベス となるようで

しびれくらげをスライムというのかは疑問だが、

そこら辺でスライムとかスライムナイトがうろついてるのを見た時はびびった。
俺はスライムの姿がよかったのに・・・的な 

そんなこんなで、不服ながらも始まったしびれくらげの姿でのイベントクエスト

スライムの姿に変わるからかLvは1からのスタートとなり
ご覧のようにモーモンが対等な敵となり、その辺うろついてるファーラットなんかは強敵と化す始末。

獅子王たる者がなんたるザマだ。こんな所で手こずってる場合ではない!

DQ10-156.jpg

しびれくらげは戦闘種族だ、なめるなよぉーー!!

こんなところで、モーモンなんかをさっさと倒し
Lvを8にして、場所を移しておにこぞうで10、キャタピラーで20の経験値を狙いながら

ずっと一人でLv16。サポート仲間は雇ったけどおそらく要らないんじゃないか。と思い

一人でボスに挑んでみる。結果4分31秒だかで、
「魅了」は関係ないし、ボスから喰らうダメージも1とかなので

微動だにしない。このクラゲ人間の時より強いんじゃない。とか思って

リプレイもしようかと思ったけど、アストルティアでやる事もあるので後にする事に。
Vを彷彿とさせるクエストの内容や登場人物の会話にテンション上がったけど

ベラで台無し。

かえん斬りかませるならかましてやるとこだ。
そんな事で、妖精の国のBGMが流れたらアツイとかその内どっかの山奥で墓参りをしてる金髪の女性がいたとか 

そんな事があったら感動で泣けちゃうんじゃないかとか思いました。

まぁおじいさんが かなり昔 とか言ってたし、
その「かなり」が20年前を"かなり"なのか、10年前をかなりなのか

どちらにせよ出るならVの姿で出る方楽しみです。

MH3Gですが、一向に進まないMH3事情。
別にGと(じー)事を掛けてる訳じゃありませんが、一向に進まないのはなぜか。

燃えるものがないから。

ここに書いておかなければならないので ここに書いておきますが、
MHにおいて、「燃える」「燃えない」はかなり重要。単純に面白いかつまらないかって話なので

MHP3rdと違って、やる気がない訳ではないのですが
なんかつける気にならない。やってても燃えるものがないし、先を想像して楽しみも湧き上がって来ない。

な~んかこう 煙すら立たないっていうか

それこそドラクエやってるからとかそういう事ではなく、
単純につまらない。なんとか無理に進めようとしてるのも大きいかもしれませんが、

リオレイア亜種と闘ってもガッカリ。何あの面倒くさいだけのようなの
「強くなった」とかじゃなく『面倒くさい』だけなので、あーいうのばかり出るとやる気なくします。

敵と闘ってても湧き上がるものがないし、闘ってる最中から面倒くさいともうどうしようもない。

面白みがない=進めるのすら億劫になる ので、リオレウス亜種出たらベルセルクソード作って進めようかと思ってるんですけど
どうにもやる気にならない。ハンマー使えば遊びが出るのでやる気になる、とか

そーゆー事ばっか考えてますけど、たまにつけてはクエスト一つクリアして終了。
やればやらさるのかもしれませんが、今の所やる気が出ず

いつになったらブラキディオスと戦えるのかわかりませんが、ドラクエ楽しんでるのもあるし
なにより現状「MH3Gを楽しんでる」とはとても言えないので

WiiUのくそだるい機種に悩まされながら、のんびりやっていこうと思います。
冗談で書いてますけどWiiUはホントだるいです。うんこ機種ですうんこ機種

それではまた(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シリウス

このブログを書く者

マンガ、ゲームが好きな
男子です。

新着記事
コメント
リンク
カテゴリ
月毎の扉

2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【7件】
2017年 02月 【7件】
2017年 01月 【12件】
2016年 12月 【13件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【9件】
2016年 09月 【8件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【9件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【3件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【6件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【5件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【5件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【7件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【6件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【7件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【4件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【8件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【14件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【20件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【9件】
2012年 08月 【11件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【7件】
2011年 09月 【7件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【7件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【8件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【14件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【16件】
2010年 07月 【10件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【12件】
2010年 04月 【17件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【13件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【2件】

記事検索
カウンター