ガンナーの心得。



は、さっぱり。


わんばんこ、モトヤマ.です。


赤獅子にまたがる青年のごとく弓を射りたいところですが
戦地ロックラックにおいてそれはなく。選ぶなら剛を、単に攻撃力が高いからの理由一つで
ヘビィボウガンを手にし、近日遊んでいるわけですが

mpg000429262.jpg


フレさんの協力を得て、ちらほら足りなかった素材等集めて
私なりのボウガン構成の出来上がり。


意図して見た訳ではないのですが、トライではどうやら貫通メインが主流らしく
無意味かつ損が大きいが、定番なり鉄板の類を好まない私

あえて逆らおうと。


あえて言おう、ヤマモト.はカスであると!

とか言われたら正直こんな顔して微笑を浮かべるのみですが (´ー`)


まぁ仮にカスであろうとそうじゃなかろうと、自分のやりたい事をやるのが一番なので
それで誰かに迷惑をかけるとかじゃないなら 人にとやかく言われる筋合いもないしと


そんなこんなで
どうにもこうにも使ってみない事には作った意味もないので


mpg00324057.jpg


モガの森にて 教官に手合わせ願い
十分すぎる構成だなと。満足したところで


金曜ロードショーを観て、そんな面白くないなー(・з・)とか思いつつ
軽く目が覚めつつあるから今のうちに記事を記しておこう!と


トライのチケットがもうすぐ切れそうなので
とりあえず二ヶ月分足しておこう。


ではまた

闘いの渦。



わんばんこ、ヤマモト.です。


『類は友を呼ぶ』という言葉がありますが
知らぬ間に、同じような人が集まるというようなニュアンスの諺。

諺(ことわざ)ですが、あながち鼻で笑えない物が多く

この"類は友を呼ぶ"も それに該当する事が多い気がします。


闘いにおいて
何を楽しみとし何を求めるかは人それぞれですが

自然と赴くべき場所で 出会うべくして何かと出会う


必然なのか偶然なのかはわかりませんが、闘いにおいては
遠いか近いかの違いだけで 居るべくして渦の中に居る気がします。


宍戸梅軒ならぬ辻風黄平的に言えば、螺旋にハマってるのかもしれませんが
少なくとも私は、自ら望んでそうしている以上
そんな渦の中にしばらく身を置こうかと思います。


とりあえずアグナコトルの爪が出なくて困ります。鋭いのが
別名:アホナコトル。アホだコトル。


弓があれば円滑に調達出来るんでしょうが
ないのを嘆いてもしょーがないので

ハンマーでぶっ叩いて壊し放題してやろうと思います。たまにキャンプ地送られますけど

ホント絶滅すればいいのにあれ。


ではまた

闘いの地へ。


mhp3mp000048048.jpg


わんばんこ、ヤマモト.です。

ポータブル3rdにて、強敵から「イベントアマツが軽く引くよ」と言われ
試してみようじゃないかと。その発言の後近日、実際に二人で挑んでみましたが、


力尽きました。


もうHP満タンなのに一撃で葬り去られるってなんすか、HP満タンって久しく使ったよ。


そんなこんなで弓じゃやばいと思い

装備をハンマー、即ち防御力を二倍近くに上げてのリベンジ無事達成。
おそらくかのトライにおけるブタッ鼻君イベント仕様と同じ扱いなのでしょうが

軽く引きました。


だがしかし、一度力尽きさせられた以上
奴(やっこ)さんを二度力尽きさせない事には 私の中でのリベンジ達成に非ず。


いざ、ヤマモト.
人外に仇為す者として 戦地ロックラックの使者として

嵐龍天翔(あまかけるりゅうのひらめき)を下す為に参る。


え?


嵐龍天翔(あまかけるりゅうのひらめき)じゃない、あまかけるらんりゅうのひらめきとかでもない。
ちぇー(・з・)、てっきり飛天御剣流最終奥義かと思ったのに



そんなこんなで、イベント:アマツマガツチ
動画をご覧になりたい方は お時間気が向いた時にでもご覧下さい。↓






やはり赴くべきは戦地。前ほど頻繁にではありませんが
ちらちら観光地に寄り道しつつ、戦いを楽しみたいと思います。


ではまた
プロフィール

しりうす

名:しりうす だったり たいへ~ だったり

MHは『GuiLe28』

マンガ、ゲームが好き、
冬はスノーボードなどやります。

家事Lv8位、ニュータイプLv多分9
犬が大好き。

新着記事
コメント
リンク
カテゴリ
月毎の扉

2017年 11月 【2件】
2017年 10月 【7件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【6件】
2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【7件】
2017年 05月 【6件】
2017年 04月 【9件】
2017年 03月 【7件】
2017年 02月 【7件】
2017年 01月 【12件】
2016年 12月 【13件】
2016年 11月 【12件】
2016年 10月 【9件】
2016年 09月 【8件】
2016年 08月 【6件】
2016年 07月 【9件】
2016年 06月 【8件】
2016年 05月 【3件】
2016年 04月 【5件】
2016年 03月 【4件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【12件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【6件】
2015年 10月 【3件】
2015年 09月 【5件】
2015年 08月 【6件】
2015年 07月 【5件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【9件】
2015年 04月 【7件】
2015年 03月 【5件】
2015年 02月 【4件】
2015年 01月 【8件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【3件】
2014年 10月 【4件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【6件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【7件】
2014年 05月 【6件】
2014年 04月 【4件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【4件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【1件】
2013年 06月 【4件】
2013年 05月 【8件】
2013年 04月 【14件】
2013年 03月 【14件】
2013年 02月 【11件】
2013年 01月 【20件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【8件】
2012年 10月 【9件】
2012年 09月 【9件】
2012年 08月 【11件】
2012年 07月 【6件】
2012年 06月 【10件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【6件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【7件】
2011年 09月 【7件】
2011年 08月 【8件】
2011年 07月 【7件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【13件】
2011年 03月 【8件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【5件】
2010年 12月 【14件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【11件】
2010年 09月 【6件】
2010年 08月 【16件】
2010年 07月 【10件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【12件】
2010年 04月 【17件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【13件】
2010年 01月 【16件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【2件】

記事検索
カウンター